入れ歯洗浄剤ポリデントとタフデントの違いと比較、マウスピースにも使える?効果的な入れ歯のお手入れができる使い方

スポンサーリンク
広告

入れ歯やマウスピースの洗浄剤をいくつか試してみた結果を書きます。歯科で売っている歯科では専用の洗浄剤でないと変色や劣化などがあるような説明をされることもあり、最初は勧められるままに3,500円ほどの高価なもので、長持ちするというものを使っていました。

作った液を1週間も使えるというものですが、洗浄物にはヌメリは無く変色もないけれど液がヌメってきて気持ち悪くて2日で変えてしまい結局、使わなくなりました。

広告

そこで色々と買って試してみたのですが

結論からいうと、アース製薬(グラクソスミスクライン)の酵素入りポリデントが一番きれいになって爽やかな感じです。

メーカーサイトはこちら

色んな種類がありますが、これを使っている限りは変色なども起こらずに綺麗です。

次に小林製薬のタフデントです。

メーカーサイトはこちら

成分に大差は無いと思うのですが、タフデントだけを使うと入れ歯の歯茎の奥の部分にカビのような黒い変色が出てきます。

このような時は、もう一度新しい水(ぬるま湯)と錠剤を入れて更に数時間洗浄すると取れてきます。

ポリデントだとそのようなことにはならないので洗浄力が強いのか、隙間汚れに強いのだと思います。

※ポリデント、タフデントはリテーナーには不向きです。

写真のように接続部が直ぐに劣化して外れてしまうので、洗浄力の弱いものか専用のものがおすすめです。

IMG_20160101_204223

その他に安く売っている400円台のものがありますが

細菌が付着したら取れにくそうな細かい傷や、はめ込み部分が黒カビのようになってきました。やはり洗浄力に差を感じます。

リテーナーのように
食べるときに使わないので傷が付かず、水分を吸わない素材のものには良いのだと思います。

色々試した結果ポリデントとタフデントを交互に使う感じで3年経ってもこんなに綺麗です。

無題

入れ歯洗浄剤の効果的な使い方

タフデントやポリデントのような発泡剤のものは、より発砲させることで洗浄力が増します。

〇お水だけの時

IMG_20160711_124902

〇お湯を足すと

IMG_20160710_113524_837

こんなに発砲力が違います。

☆発砲させるには、

お水の温度が大切で40℃(触ってあったかいと感じる程度)が理想です。

なので、水の温度が低い場合は

・ポットのお湯を足す。
・電子レンジでぬるま湯にする。(給湯器でお湯になるのを待つのは不経済なので)

と、良いです。明らかに洗浄効果が違っています。

洗浄剤の安いものを使った時は

入れ歯の歯の間や付け根に黒ずみが出てしまいましたが、

ポリデントとタフデントだけを交互に使うようにしてからは、その着色も取れてきれいなままです。

歯科医の専用のものも、

同じ液を長く使うのが気持ち悪いだけで、汚れが取れ無かったということではないですが、

3,500円で同じ液を長く使うのと、108錠750円程で3か月分以上入っていて、毎日新しい液を使えることを考えたら、毎日新しい方が気分的にも良いです。

部分入れ歯でも、わざわざ部分入れ歯用を買う必要も無く、総入れ歯用の洗浄剤で綺麗になります。


※このブログのコピー、リライト禁止!記事をネタ元にしている方はhttps://aiaruaru.com/リンク必須です。

潜在意識の書き換えと引き寄せ成功の関連記事はこちら♪

ワークショップ情報はこちら♪

セッション申し込みはこちら☆彡
広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です