心停止から救うAEDの使い方と効果

スポンサーリンク
広告

1年間に7万人毎日200人もの心臓が突然停止しています。

AED(自動体外式除細動器)を一般の人も使えるようになって

救命処置ができるようになり助かる人が増えています。

総務省消防庁資料12ページ3によると

一般市民に依る心臓マッサージやAEDでの応急手当を受けた場合の1か月後の生存率は1.5倍に伸びています。

http://www.fdma.go.jp/neuter/topics/houdou/h21/2101/210122-1houdou_h.pdf

その一方で、応急手当やAED使用を躊躇して亡くなる命もまだ多くあるそうです。

AEDが一般市民でも使用できるようになってから10年が経ちますが

使用率はまだ4割です。

http://aed-project.jp/suggestion.html

やはり、生死の掛かった急病人を前にして、行動するのは勇気がいりますが

心停止での蘇生率は1分毎に10%下がり10分経つと絶望的になります。
ですから、救急車が到着するまでの処置がとても大切です。

広告

心停止はどうして起こるのか

心臓の血管が詰まる心筋梗塞や心不全によって
心室細動と言われる心臓の痙攣が起きている場合が多く

痙攣に依って血液が送り出せない状況になり死に至ります。

この痙攣(心室細動)をAEDの電気ショックで取り除くことができます。

外傷もなく、顔色がみるみる悪くなり苦しそうに呼吸していたり
呼吸が停止している場合は即座に蘇生が必要です。

心停止の特徴

顔が土色になり、ゆっくりあえぐように息をします。

これは、死戦期呼吸と呼ばれ
口を開いて、声にならない声のような息をする為
呼吸があると勘違いしやすいのですが

この呼吸は亡くなる前の呼吸です。

AED(自動体外式除細動器)の使い方

一般の人が電気ショックなど与えて良いのか不安だと思いますが

AEDのガイダンスに従いパットさえ貼れば

「離れてください。心電図の解析中です」とアナウンスがあり

電気ショックが必要かどうか判断してくれるので

必要と判断されれば

★「電気ショックが必要です。離れてください」
「ショックを実行しますボタンを押してください」

と言うので離れたまま、ボタンを押します。

その後、
心臓マッサージと人工呼吸に付いても音声に従い行います。

両手を伸ばし、5センチ以上沈むように1分間に100回圧迫します。

心肺蘇生とAEDの使い方動画


AEDが使われていたら助かったであろう命

急病人で毎日電車が止まり、スポーツやマラソン中に若い人が突然死する。

心停止は増えてきているのですが

多くの人が知識を持って迷わずに助けることが出来たら
減らすことができますね^^

訓練に参加する時間が無い人も、動画を見ておくだけでも知識を得られます。

広告
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です