寒さ対策 暖房つけても寒い部屋を暖かくする^^☆彡

スポンサーリンク
広告

東京は暖かいな~なんて思っていたけれど、大寒波がやってくるらしいですね;家は断熱二重サッシで、かなり気密性が高いのですが、対策前は外気温がマイナスになると寒かったです;でも今は快適になったので私の寒さ対策をご紹介します^^☆彡

暖房つけても寒い部屋を暖かくする

結論から言うと、

寒さの原因を一番解決してくれたのは湿度です。

室温22度にならないと寒くてたまらなかった私が、

湿度60%以上を保つようになってからは、

夜もエアコン1台だけ稼働、室温18度で快適です^^

湿度が高いと、汗が蒸発しにくくなり、
熱が奪われにくくなるため、温かく感じますよね♪

なので湿度を上げて

夏の、あの纏わりつくような暑さを再現しているので
かなり温かいです^^V

※アルコールシートやスプレーで窓枠やカビが生えやすい場所のカビチェックや対策はしっかりとしています。

でも、これだけで暖かくなったわけではなく、

湿度を上げるまでは、

延べ床面積110平方メートル、天井まで3メートルの空気を温めるのに、

最初のころはエアコン3台点けっぱなし、

お風呂に入るときは風呂暖房点けないと入れない、

寝る時も電気毛布点けっぱなし、

それでも寒いので、

先ずは窓に、ニトリの遮熱レースカーテンを付けました^^

断熱性能の高い窓でも、アルミ部分が冷えていたので、

遮熱カーテンでかなり部屋が暖かくなりました^^

更に、今年はすごい寒波が来るというので、

断熱シートで風呂窓と換気口を塞いで、

断熱パネルを置いて、窓ガラスにはプチプチを貼りました^^

トイレやキッチンの換気扇も、換気扇カバーを二重にして、冷気の侵入を防いでいます。

そうしたら、

昼の外気温が8度の日も、

室温が下がらないのでエアコンなしで過ごせるようになったんです^▽^

寒さに慣れたのではなく、

室温が下がらない家にするのって、ほんと一番大事ですよ^^♪

大寒波で電力不足に陥らないためにも、自身の快適の為にも^^♪

あと、

暖かい空気は上に行って冷たい空気が下に来るのが、

部屋が寒くて温まらない原因でもあるので、

冷えてしまった部屋には、

下から温める為にダイソンのHOT&COOLを使うようにしました。

冬の朝の室温は15度くらいですが、

20度にするのにエアコンなら24度設定で30分ほど、

ダイソンなら18度設定で10分ほどです。

消費電力はどちらも、点け始めは1.2KWくらいになりますが、0.3~0.6KWに落ち着きます。

なんで、ここでダイソン?と思うかもしれないですが、

色々買って試してしまう私がいろいろ使ってみて、

他の物は、高、中、低の設定で温度が上がっても動作がそのままが多いですが、

ダイソンはエアコンと同じく、温度設定できるのと空気清浄機能が優れているからと、

首が上下左右してくれるので、温めたいところからしっかり温まるからです♪

という感じで、

ちょっとずつ色々対策してみて、かなり良い結果が出たので

まだ部屋が寒い人は、断熱と湿度管理をしてみると良いですね(⋈◍>◡<◍)。✧♡☆彡


※このブログのコピー、リライト禁止!記事をネタ元にしている方はhttps://aiaruaru.com/リンク必須です。

潜在意識の書き換えと引き寄せ成功の関連記事はこちら♪

ワークショップ情報はこちら♪

セッション申し込みはこちら☆彡
広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です