洗濯機の寿命は何年?買い替えの注意点とおすすめ^^☆

スポンサーリンク
広告

洗濯機はいつも突然壊れて、急いで買いに行っても必ず洗濯できない日があるので、次回は絶対に壊れる前に買おうと決めていて、とうとう脱水が弱くなりキュンキュン音が出始めたので買い替えを決めました。そこで今回の買い替えで解ったことなどを書きます^^

洗濯機の寿命は何年?

洗濯機は使用頻度にも依りますが、

ドラム式もタテ型全自動洗濯機も

耐用年数は1日1.5回平均で7年としているメーカーが多く、

過ぎると、発火の恐れ有りとか書いてあります;

大家族の人は1日3~4回も洗濯するので3~4年しか持たないと聞くので

通常で7年は本当みたいですね。

私の家でも

子供が小さい頃は1日2回が当たり前だったので4年くらいしか持たなかったのですが、

今回は9年も持ちました^^

広告

買い替えの注意点とおすすめ

1、最近の洗濯機は外寸がやけに大きいものがある。

最近、壊れそうになる前触れが出始めてから意識しているせいもあり

洗濯機の話をよく聞くようになり、

ドラム式の20万円以上のものが、新品のままリサイクル市場に多くあるというので

よし!次はそれを格安でGETしよう^^bと思っていたのですが、

その、リサイクル市場に溢れる理由が

洗濯機置き場に収まらなかったというもので

うちの洗濯機置き場も計ってみたら、入るけどトイレのドアが開かなくなるサイズでした;

タテ型は

パナソニックのNA-FA100H3-Nという

↑このタイプ以外は、

殆どが60×60前後なので通常の洗濯機置き場に収まりますが、

ドラム式はコンパクトドラム以外は横幅64㎝×奥行72㎝もあるので

収まらなかったりドアが開かないということが起こっているそうです。

なので、

サイズには十分注意が必要ですね。

2、新品ではないリサイクル品には注意

そこで、

価格ドットコムなど見てどれにしようかと考えたのですが

洗濯機の価格が上がって来ていて

新品で、ヤフオクやフリマに出ていないかと見てみたら

なんと中古が、引っ越しシーズンなので出品されては売れていて、

2005年製~2010年製も売れているんです;

耐用年数を超えている上に

洗濯機は、新品時のみドラムが固定されていますが、

引っ越し業者の固定でもドラムの軸が曲がって

引っ越し後に暴れ出したり、エラーが出て何度も洗濯を繰り返すようになります。

うちも引っ越しが多いので

きちんと固定してもらっても

引っ越しの度に脱水時に偏りが出てエラーは増えていきました。

なので、

もしも、洗濯機のリサイクル品を買う場合は

配送時のドラムの固定をしっかりするように伝えて

製造年をしっかり確認して

個人売買なら使用頻度を確認した方が良いです。

使用頻度の高かった中古品だった場合、

粗大ごみを買うのと同じ事になりますから注意が必要です。

おすすめ

●酷い汚れが無いなら

ドラム式がおすすめです。

タテ型よりも節水になっていますが酷い汚れは落ちにくいです。

なので、泥汚れに強いのは大量のお水でザブザブ洗うタテ型がおすすめです。

●汚れが良く落ちて節水なのは

タテ型で穴無しのSHARPの洗濯機がおすすめです。

私が今使っているのがこのタイプの2007年製です。

●安さで選ぶなら

ハイアール洗濯機です。

三洋電機の白物家電(生活家電)を買収した会社ですが

家電の評判は悪くなく、

娘が7キロを使っていて聞いたらアフターサービスも良いとのことなので

今回はこれを買いました^^

シャープだと8万円超えるので

決めかけたパナソニックの7kgは設置引き取り込みで6万5千円前後だったのですが、

ハイアールは設置引き取り込みで38,000円ほどでした\(^o^)/

到着は29日予定なので、それまで10年目のシャープに頑張っていて欲しいです(⋈◍>◡<◍)。✧♡

広告
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です