目の下の痙攣や、まぶたのピクピクの原因と治し方

目の下の痙攣やまぶたのピクピクが人前で始まったらホント嫌ですよね。
ほとんどの場合、原因は目の疲れだと言いますが

痙攣が始まってしまうと、

目を休めてもマッサージしても、暖めても

なかなか治らず定期的にピクピクが始まります;

目を休めても治らないピクピクの原因は疲れだけではありません。

広告

痙攣の原因は

目の疲れの他に、マグネシウムやカルシウムの不足と言われていますが

動脈硬化や脳梗塞といった重大な病気が原因の場合もあります。

私の場合は

マグネシウムとカルシウムを摂取できるマルチミネラルサプリの補給でいつの間にか治り、治ると安心してしまって、サプリを飲み忘れたり止めたりすると1週間ほどでまたピクピクが始まるので、

明らかなミネラル不足から来る痙攣です。

マグネシウムを摂取しすぎては下痢になってしまい、死亡例もあるので危ないとされますが、食品だけではなかなか摂取できません。

料理に、にがりを垂らすなども良いですが、サプリなら安全量が分かり必要な成分もまとめて摂れるので安心です。

治し方

ピクピクの症状を早く止めるには目の周りの血行を促進すると改善します。

出先などでは、

・そっとマッサージしたり、

・瞼をグー、パーするようにぎゅっと瞑ってぱっと開いたり

・ガムを噛むように歯をしっかりと何度も噛みしめると

目の周りの血行が促進されますからやてみてください。

家では、

・ホットアイマスクやホットタオルやシャワー(水圧が強すぎると瞼の間から目に入り眼球を傷つけるので注意)を当てて目の周りを温めます。

まずは、ミネラル(マグネシウムとカルシウム)の摂取をして、目の休養をこころがけ、血行促進をしてみると改善できます。

病院での治療が必要な場合

ミネラル不足や、血行、疲れが原因の場合は上記の方法で2~3日以内には改善してしまうので、

全く改善していかない場合や、頬やおでこなどに痙攣の範囲が広がってきたり、麻痺や手のしびれが起こった場合は直ぐに神経内科か眼科を受診が必要です。

広告
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です