インフルエンザ予防接種の価格と必要性

インフルエンザの予防接種はこれまで
A型2株とB型1株の3価ワクチンでしたが
今年からはB型も2株となったので4価になり値上がりしました。


高齢者や幼児が掛かると重症化する為
家族全員で予防接種を受けている家庭が
増えていましたが

値上がりの為に接種を控える人が出て
却って流行してしまうのではないか
などと懸念もあるようです。

広告

インフルエンザ予防接種の価格

こちらのマイナビニュースに掲載の価格では

http://news.mynavi.jp/news/2015/11/11/347/

全国平均は3,204円

値上げの平均は265円となっています。

ニュースでインタビューされていた主婦の方は
「4人家族で2万円なので、家系を圧迫する。」

と言っていたり

かなりの値上げと言われているけれど
平均価格はそんなに高騰していない。

原価は上がったが利益は下げたなど

ワクチンで儲けようと思っていない医者が
46.8%なので

53.2%の医者が価格を高騰させている様子。

なので

値段で予防接種を諦めている人は

平均価格3,204円前後の病院を
探していくのも良いと思います。

◆インフルエンザワクチンの効果はあるの?

インフルエンザの予防接種をしても
インフルエンザになる人が居て

型が違うにしても
本当に必要なのかと思っていたのですが

こんな記事がありました。

http://biz-journal.jp/i/2015/10/post_12018_entry.html

型が違えば意味がないこと
重篤な副作用があること
有害物質が含まれることが書かれていて

ソ連AとB、香港AとBにカップル型や
ブタインフル、トリインフルなど
144種もの型があって、新型が流行ることもある。

2015年のインフルエンザ予防接種では

4価になりましたが

今年は沖縄や九州で
夏に流行して学級閉鎖になりました。

亜熱帯では一年中流行していたり

インフルエンザウィルスが
今まで言われていたように
寒い冬と乾燥時に育つという事も無く

これは
常に新種が出てきているからです。

副作用などのリスクを抱えて
予防接種してもインフルエンザになって
寝込むのは嫌ですね。

それなら常に予防して免疫力を
上げておいた方が良いのかもしれません。

・手洗いうがい
・睡眠不足をしない
・暖かく栄養のあるものを食べる
・入浴で体温を上げる
・外出時はマスクをする

納豆やヨーグルト(特にR1)などの発酵食品や
はちみつ、ビタミンC豊富なみかん
緑黄色野菜をたっぷり摂りましょう。

あと、
咳が出ている人に限ってマスクしていなくて

咳をまき散らしている人が時々いますが
一人一人のエチケットが流行を食い止める
手段でもありますから

掛かったらうつさない努力も必要です。

今年は流行らないと良いですね。

広告
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です