猫の糖尿病の新型インスリン プロジンクについて知識を深めてから使用を考える。

猫の糖尿病用のインスリンが日本でも発売されました。海外臨床試験では効果が高いとされています。獣医師や使い始めた人のウェブサイトから情報収集して、その特徴と動物由来インスリンの代替えとして使用されてきたヒューマリンと比べて良い点があれば使用を考えたいと思います。

猫用インスリン ProZinc(プロジンク)

2009年11にアメリカで発売され、2016年7月から日本で発売されていますが、

実際に使っている獣医さんがいるのかな?と調べると、まだ、セミナー開催など学習段階が多いですね。

使い始めの飼い主さんが見つかりましたが少数すぎて、変えるほど優れているのかは今のところは判断できません。

なので先ずは、判断材料として

・その販売元の情報と

・獣医さんや使い始めた方のブログ

・海外の販売サイトから売れ行きを見る

などをリンクして見解などをまとめますね。

☆プロジンクの値段は

掲示板の書き込み情報などから

8,000円~12,000円のようですが

そこはシリンジも高い設定なので、通常ならレベミル ランタス ヒューマリンのように

6,000円前後ではないかと思われますが、

新薬の開発費用は膨大だとも言われていますので、仕入れ値からして高額設定なのかもしれないですね。

●販売元サイトは

獣医さんから処方された飼い主ですか?で YESをタップ(クリック)しないと入れません。

けど、入らない事には検討の余地も無いのでYESを^^☆

http://prozinc.jp/

●特性は

http://prozinc.jp/common/images/ProZinc-panf.pdf

・時間を掛けて吸収される構造で作られている。

・猫に最適な作用時間とされている。

ヒューマリンのピークが2~4時間に対して

プロジンクのピークは6~8時間となっています。

作用時間は10~18時間とされていて、

個体差や血糖値に依るのでしょうけど、低血糖状態で18時間作用されるのは怖い気がします。

・専用シリンジ

含有量が違うのでメモリの大きな注射器(シリンジ)になるので、

1回の量が多くなりますが微調整がしやすいですね。

・ヒト由来の遺伝子組み換えインスリン

人インスリンと猫インスリンの違いはアミノ酸だけなので抗体を作らない。

動物由来インスリンだと、抗体形成、アレルギー、狂牛病のリスクがありましたが

人インスリンの遺伝子組み換えに依って安全、安定供給ができる。

広告

臨床試験結果

全133猫様、

うちインスリン注射にてコントロール不能な猫様13名に対し

体重1kgあたり0.22~0.66IU を12時間ごとに注射した結果

●45日までに

☆多飲75%改善

☆多尿79%改善

☆全身状態良好89%

☆71%のフルクトサミンが300以下になっている。

↑私のように、猫様のフルクトサミンが下がらない悩みをお持ちの飼い主様には

かなりの朗報ですよね^^☆

改善が見られた猫様は85%

ここで気になるのは、

インスリン注射でコントロール不能だった猫様に改善が見られたのか?

ということですよね。

ですが書いていません。

でも、

85%が改善しているというのが本当なら、使ってみたいですね。

獣医師のブログから見解を見てみる

症例は無いようですが、

マーケティング手法から^^;期待できるインスリンだと高評価している感じです。

http://www.aniwel.com/news/2016/4184/

他は獣医の勉強会告知はありますが、

実際に治療に使っているサイトは今のところ無いですね。

なので、

★使っている飼い主さんのサイト

●この子様は今日8月21日からプロジンクだそうです。

http://ameblo.jp/prinprin0000/entry-12192342155.html

●7月21日からだそうです。

やはりインスリンを変えると最初は低血糖が怖いし、微調整できる為に難しいようですね。

http://sophiamama.blog94.fc2.com/blog-entry-508.html

そして、経過をたどっていくと

低血糖でも高血糖でもなく脳梗塞で亡くなったとのことでした😿

http://sophiamama.blog94.fc2.com/

●7月11日から

ピークが3時間目に来ていて医師よりランタスに戻す提案あり。

でも1.5単位で体調は良い感じの様子です。

http://yamoyamo.at.webry.info/201607/article_2.html

針が長くて打ちにくいという掲示板への書き込みもありました。

●海外販売サイトでの売れ行きからこのインスリンの人気を見る

ユーロ圏にもユーザーが沢山居ますね。

https://www.google.co.jp/?ion=1&espv=2#q=prozinc+insulin+price

★はショップの対応に対する評価が多いですが買っている人が多いのは

このインスリンに関して変な噂も無く効果があるのだと推測します。

もう少し症例が出てくると良いですね。

うちの猫様が症例になる日が先になるかな?

でも、作用時間が10~18時間はやはり怖い気もするんですよね。

掛かりつけの獣医師は

新薬は利権が絡んでいるし、

本当にその効果を発揮するとは言えないという考えなので仕入れてくれるか分らないですが

次回、プロジンクに対する見解を聞いてみようかな。。。と思います。

広告
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です