ソフトバンク解約で違約金が発生しないMNPのベストタイミング

ソフトバンクや大手3社は、契約期間内に解約する場合は9500円の解約違約金が掛かり
更に、端末の購入に一括購入割引きを利用した場合は端末に依っては4~6万円掛かります。


料金プランの違約金が掛からないのは2年目の締日の翌日から1ヶ月間だけです。

しかし、その1ヶ月間は日割りが無いので、たった1日でも1か月分の利用料金が掛かります。

なので、違約金が無い月でも、ソフトバンクだと解約月に

スマ放題とパケット定額2Gで6,500円が掛かります。

http://www.softbank.jp/mobile/price_plan/iphone/sumahodai/details/

スマ放題ライトだと5Gからなので7,000円掛かります。

http://www.softbank.jp/mobile/price_plan/iphone/sumahodai-light/details/

データ定額パックが最小の2GBでも6500円なので、離脱を考えている場合は
契約更新月までにはデータ定額を小さいものに変更しておいた方が良いです。

現在は、プラン変更によって2年縛りが延びてしまうのはスマ放題とスマ放題ライトだけですが、変更時には変わって居る場合もあり、小さく薄い字で書いてある場合もあるので違約金が発生になっていないかよーく確認が必要です。

又は、解約月に、まるまる30日間使うならば問題ないです。

広告

MNP のタイミング

MNP(モバイルナンバーポータビリティ)の番号予約で、電話番号を引き継ぐ場合は
予約日には解約にならず、番号予約から15日以内の移転先に転入した時点で解約になるので

・転入が契約更新月の締日になったら、9500円の違約金

・締日後でも1ヶ月分の利用料が掛かります。

なので、どっちにしてもお金が掛かってしまうので

一番良いのは、25ヶ月目の締日に転入するのがベストタイミングです。

締日の確認方法

契約の確認の仕方はMy SoftBankの契約確認を見ると、更新月が載っています。

securedownload (1)

21日から1ヶ月と載っている場合の締日は20日になります。21日では既に翌月分の初日になります。

最近の格安SIMは翌日には到着して、MNPの切り替えセンターへ電話後に即日開通になるので

上手く、翌月の料金の掛からない20日に解約するには、

  1. 20日 (締日) までにSIMを準備しておく、
  2. 20日(締日)に移転先のMNPの切り替えセンターへ電話をする。

これが一番無駄な料金が掛からないで方法です。

格安SIMも日割は無いですが、大手3社の料金6500円も掛からないですし、初月無料のものもあります。

また、ソフトバンクのMNP予約の電話番号は★5533に見えるので

sbmnp

5533に電話したら使われておりませんでした。

この★は星にしか見えないですがアスタリスク*です。

広告
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です