マインドフルネスのやり方 瞑想の効果と危険性 自分を信じる生き方をする事が大事^^☆

本当の自分や大いなる全てと言われるものに繋がりたい場合や、この世を楽に生きる為に瞑想をしてみる人も多いですが、定義が違うとまた蓋になり、”今ここに在る”為に創造性を失ったりと、瞑想には弊害も付き物なので、注意点を知って自分を信じる生き方に繋げると良いので書きます。

マインドフルネスとは

瞑想から宗教的な意味を取り去った、気軽にできるエクササイズです。

“今この瞬間”にだけ意識を向けて感じる瞑想法です。

脳を休めて集中力を高めたり、五感を感じる事で感性が高まる効果があります。


人間は ”今” に意識が無いと

脳は”今”ではなく、過去か未来を常に考えています。

特に女の人は料理しながら予定を考えたりという事を自然に出来てしまっています。


そうすると、
脳は常にとても疲れていて、

イザというときに
集中力がなく、集中できる時間も短くなり、処理能力も低くなります。

なのでマインドフルネスはとても簡単で効果も高いのですが、

広告

瞑想の効果と危険性

瞑想には効果と危険性があります。

マインドフルネスも教える人に依って定義が違っていてマイナス効果になることもあります。

◆瞑想は

過去の嫌な事や未来の不安に目を向けず
”今ここに在りなさい”
”空(くう)=実態の無い状態になりなさい”と

せっかく肉体を持った意味のなくなる現実離れしている境地を教える方が多いですが、

そんな面倒な事を教えないで

人間には、

身体と魂が在りますよ♪

そして自分の中に安心できる場所がありますよって教えたら良いのにな^^って思います☆彡

それで、

そんな境地は地球では必要無いというなら無い。で良いはずなのに、

人間らしくいることをエゴとも言い出してしまう瞑想もあります。

それも、私が負のスパイラルに嵌まった要因ですが;

◆マインドフルネスも

感情を見過すように教える専門家も居れば、

感情をきちんと感じ切るようにと教える専門家も居ます。

ある専門家は

過去と未来の不安にはフォーカスするな

不安の90%は起きないという統計があるのに

要らぬ不安を抱くのが病気の原因になるのでいけない。

と言いながら

マインドフルネスを教えます。

実際には、

不安があれば、何がそんなに不安なのか?きちんと見に行けばいいし

過去に感じる事を許されなかった感情も感じきれば両方消え去ります^^v☆彡

その他の害は

能力が高まるどころか低下するという事例があります。

記憶に悪影響が出た

創造が出来なくなった。

というものです。

人間は、この世に身体があって、過去も未来も経験も有るのに
思い出すな不安を思うなと言うのはおかしな生き方です。

だから
瞑想で余計に自分の想いを閉じ込めて想像力すら失ってしまう人もいます。

なので、瞑想を取り入れるなら、弊害のない

集中力を高めストレスを減らすくらいの自分の心地良いやり方をした方が良いですね。

人は常に、

信じ込んだ事、目的としたことが現実となって行くので

無に成る事が良い事だと信じてしまうと

本当に、無になっていってしまうんです^^;

マインドフルネスのやり方

マインドフルネスにはやり方が色々あるのですが

“今だけ”に集中する訓練にはすごく良いです。

でも、そうなると本当に過去の感情の解放も創造力も失う可能性もあります。

ですから

脳を休めることと、リラックスするだけの

こちらの動画のやり方をお勧めします。

呼吸の行き先に集中するだけでも今に意識を置く訓練になり、脳が休めます。

不思議な領域に入っていく事を目指すよりも

この世で体も心も楽に活動できる範囲に留める瞑想はこの程度が良いです。

自分を信じる生き方をする事が大事

瞑想は

余分な知識(宗教的要素や瞑想中以外も過去未来を見ないなど)を本当に除けば

”今に在る”ことは確かに脳の休息の為に大切ですし

良い部分だけチョイスしていけば

頭がはっきりしていると良い選択ができるので

本当の自分に繋がり、自分を信じる生き方ができる為に役立ちます。

ですが、

どんなに良い事を取り入れる時にも

自分が

「違う」 と違和感を感じたことは取り入れないことが大切です。

専門家や人の意見というのは、自分の考えに制限を与える場合が多いです。

良いと言われるものでも

自分に取り入れるときは、しっかりと

☆自分が心地良いのか

自分に聴いてみてくださいね♪

違和感から離れるだけでも、かなり本当の自分に近づいていきますよ♪

明日から、石垣、竹富、幻の島へ行くのでコメントのお返事は週末になります^^

皆様がより生きやすくなっている姿にフォーカスしています^^☆

広告
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

コメント

  1. s より:

    またしても魅力的な記事に思わずコメントしてしまいました。
    しかもリンク先英語…!(・Д・)aiaruaruさん凄い…(*´ω`*)
    こうしてシェアして下さることも、ご自身のお辛い経験など有ってなのを思うと、本当に貴重な教えですし、有難いことだなと思います。
    私も沢山失敗して来ましたが未だ迷ってますから笑、ここまで結果出されているのは本当に凄いです。
    沖縄へのご旅行なのですね!ゆっくりなさってきてください❤︎いってらっしゃいませヽ(*^ω^*)ノ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です