大切な人を亡くした時、悲しみは乗り越えられなくて薄れるだけ。不思議なこともいろいろある。

スポンサーリンク
広告

私は、父や友人、ペット、そして人生を共に歩みたかった大切な人を亡くしました。その時の想いは、浮かんできては閉じ込めて、もう全て出尽くしたかのように思っていたのですが、今日、偶然、沢田知可子さんの”会いたい”を聞いて、まだ悲しくて会いたいと知りました。

大切な人が亡くなってからもう30年も経つのに、大切な人を亡くした悲しみは消えていない。

なので、

ただ薄れて行くのを待つだけで、どうにかして乗り越えるものではない。ということや

魂となってもいろんな思いを伝えてきてくれたり、不思議なことがあることなどを伝えたいなと思います。

助からない病気と知っていた時

父や友人やペットが亡くなった時は病気だったので、

悔いの無いように手を尽くしても天に還ってしまうなら、

それは本当のお別れ(寿命)のような気がして諦めが付いていていましたが、

もう触れる事も、会話することもできない存在となったことはとても寂しくて

その人の知っている部分の人生を想って、

無念だったろうなとか、あれは幸せだっただろうなとか、

想いを寄せているうちに自然と早めに悲しみや喪失感は消滅していったのですが、、、、、

広告

大切な人の突然の死は乗り越えられない

いつも守ってくれて信頼出来て、

人生を共にしたいと思えるほどの私の半分みたいな大切な人が突然亡くなってしまった時は、

亡骸を見ても触っても現実が受け入れられず、私が立ち去ったら起きるのかもなどと考えたりしました。

彼のお母さんからは、いつも私の話をしていたことを聞き、

離れている時もどんなに私を想っていてくれたかを知って

亡くしてからの方が、もっともっと大切な存在だと知ったので耐えられませんでした。

そして、出棺の時に

お母さんが「焼かないでー!!!」と泣き叫びました。

亡骸だけでも側に居て欲しい気持ちが分るので、本当に耐えられませんでした。

そして私は、

それから17年間、お墓参りにも行けず、

どこかで生きていることにしようと、できるかぎり現実逃避しようとました。

後に、会社の上司の息子さんが5歳で事故で突然亡くなった時も

奥様が「焼かないで!」と言って亡骸を抱えて逃げ出した。と聞いたので

子供を亡くす母親の気持ちは同じなんだ。と悲しみと辛さを思い出したことがありました。

現実逃避しても記憶が無くなったわけでは無いので

「なんで連れて行ってくれないの?」

「なんで、苦しみを話してくれなかったの?」

「なんて言ってあげたら死ななかったの?」

「どうしてあげたら、死ななくて済んだかな?」

「そっくりな人現れないかな」

「嘘だよって現れるかもしれない」

「夢の中だけでも出てきて欲しい」

と、1日の半分は同じことを考えていました。

ほんとうに、”会いたい”の歌詞の通りで

彼があなただったら、あなただったなら

嘘だよって抱きしめていて、会いたい

私のそばで生きていて

と思いが巡るばかりです。切なすぎます。

そして

もう幸せにはならないと決め、

私のせいで誰も死なないでという潜在意識が引き寄せた旦那は

「結婚してもらえなければ死にます。」って言いました。

付き合っても居ないのに何だこの人?と思いましたが

会社の同僚なので悪い人では無いと思うし、命を掛けるほど真剣ならば。。。

と結婚しましたが

子供大嫌いで、虐待男でとんでもなかったわけです。

そして、子供の不登校や精神状態からやっと離婚できましたが、

毒親にも死ぬわよと脅されて育ち、

私のせいで死なないでという意識が

私のせいで亡くなってしまう現実が起こっている。

なので、

いつもしつこく書いている通り潜在意識の中身はとっても大切だし、

大切な人が居ない世界で幸せになろうなんて思えないけど、

残されてしまったんだから、”幸せに生きる事で安心させたい。”

という思考を持った方がお互いの為になると今では思います。

天で不幸になっていく片割れを見させてしまうなんて本当に苦しませてしまいます。

大切な人が亡くなった真相

彼は、袋小路の石垣に真っ直ぐ車で激突して亡くなりました。

彼とは趣味も考えも合う長年の友人でしたが、

お互いに相手の意思に押されて付き合っている(別れ話を理解しない)人が居ました。

とにかく別れてくれず、警察に相談するほどお互いの相手はストーカー気質でした。

でもお互いにきちんとお別れして、きちんと付き合おうと言う矢先でした。

死後、彼の親友から真相がだんだんとわかってきました。

彼女に別れを告げたら、

絶対に別れないと言って、もっと嫉妬も束縛も酷くなったそうです。

そして、手首を切って離れて行かないでと言い狂気の沙汰だったそうです。

彼は、自分の人生が閉ざされ、私にも危害が及ぶと感じて一人で抱えたんだろうと思います。

不思議な事

どうして亡くなってしまったの?とずっと思っていたころは

夢で

自分の意思で石垣にぶつかっていく映像を何度も見せられました。

そして、とても後悔しているという想いを伝えてきました。

そして

連れて行って~連れて行って~と思っていた時、3日間夢に出てきました。

顔が無いけど、彼だと分ります。

3日間同じ部屋の風景で、こたつを挟んで心で会話しています。

3日目に、彼がトイレに立ち

その間に父の声がして

「そんなに話しているとほんとうに連れていかれるよ。」と言いました。

彼がトイレから戻って来ると

今は子供がいるから行けないという想いが込み上げてきて話すのをやめたら

「わかった。連れて行かないよ。見守っているよ。」と去って行きました。

そのあと

彼の命日に、凄い仕事が舞い込んできて子供2人を立派に育てて来れました。

そして、亡くなって17年後の初のお墓参りは娘と行って

広すぎて迷ってしまい、猫が居たので側に行ったら奥に行って居なくなってしまい

目の前が彼のお墓でした。

猫大好きだから猫を使って案内してくれたようです。

でも、お墓を見ても「ここには居ないよ」って感じました。

そして、色々ありすぎたあと

彼が最後まで守ってくれた私自身を、私自身が幸せにならないと決めて傷つけていたことが理解できて

こんなに大切にされていた自分を自分自身が大切にしていなかった。

なんてひどい事をしていたんだろうと気が付いて

自分を大切にしてからは、人生が良くなっている一方ですが

今日、

もう乗り越えたと思ったこの思いがまだあったことを偶然知って

こうして書いたことで私の中に在った悲しみの残りが浄化されていった感じです。

お読みくださりありがとうございます。

亡くなった時は思い出が薄れるは嫌だったけれど、悲しみが薄れて行った今の方が

顔がはっきりと思い出せて、笑顔も声も思い出せるようになりました。

大切な人を亡くした時の

悲しみは乗り越えようとしないでください。

薄れていくときまで、思い尽くしていくことの方が大切で、それこそが成仏ですね。

亡くなってしまっても逢いたいものは逢いたくて

ずっと、乗り越える必要も無く、忘れようとする必要も無く、

ただし、自暴自棄だけは本当に不幸を引き寄せるのでダメで、

心の隅に、残されたんだから幸せに生きなくちゃという意識だけは大切なんですね☆

見守ってくれているというのは本当なんですね☆

広告
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

コメント

  1. あやか より:

    お返事ありがとうございます^^
    私も皆さんのように小学生頃からマーフィーやスピ系の本を読んだり
    ホオポノポノも本、DVDを観たりしてきたのですが、
    念仏のように4つの言葉を唱えるだけで1度も泣いたことなんて無かったんです。

    でもこの日に聴いたポノポノは何度聴いても泣けるので
    デトックスになるかもしれないから泣かなくなるまで聴いてみようと思ったら
    5時間くらい聴いてやっと涙が出なくなりました。

    初めは「許してね」で泣いていたのに、次は「ごめんね」で泣いていました。
    ずっと親に土下座して謝れ!と思っていました。
    もちろん、謝るだけでは許せないけど、謝らないよりマシ!と思っていました。
    そういうところに許してねが効いて、今まで辛かった自分の世話を放置していた
    自分に「ごめんね」と伝わったのかなと思いました。

    自分語りになってますが^^;愛あふれるお返事ありがとうございます。

    • aiaruaru より:

      あやかさ~ん\(^o^)/☆彡

      自分を一番大切にしようって想えてくると
      どんどん癒されたい自分ちゃんが出てきてくれますよね^^♪

      いっぱい辛かったけど
      我慢した想いを全部出していきましょうね(⋈◍>◡<◍)。✧♡

  2. あやか より:

    はじめまして。1週間くらい前にスマホで偶然、愛あるあるさんのブログを知り
    潜在意識カテを一通り読んでからまとめてコメント書かせて頂こうと思っていたのですが
    1つ読むごとに感動したり共感したりして、書きたいことを忘れてしまいそうなので
    とりあえずはじめましてのご挨拶に書かせて頂こうと思いました。

    ブログを書いてくださって本当にありがとうございます!
    私も親が許せなくて(両親ともですが特に父、性的虐待と精神的虐待をされていました、母は見て見ぬフリで共依存、気分で振り回すなど)
    葬式には絶対に出ないと中学生の頃から決めていて
    それを数年前に実行したときに母から色々言われた時に抑えようとしても
    感情が爆発するように沸いて出てしまいました。

    それ以来少しスッキリして、人間関係が良くなり、生きにくさが改善された気がしたんです。
    もしかして怒りが出たら素直に吐き出した方が良いのではないか?と感じていたので
    愛あるあるさんのブログを読んで、やっぱりそうだ!と自信が持てました。

    今日も朝から読んでいたところ、ホオポノポノの動画で「許してね」のところで
    号泣してしまいました。
    2回聞いてみたのですが、なぜか日本語で許してねの部分に来ると
    泣いてしまうのですよね・・・

    そしてこの記事にも号泣してしまいました。
    私にはこの経験は無いので、なんと言葉をかけて良いのかわかりません。
    (数十分考えているのですが、薄っぺらい言葉しか出てきません、すみません)

    たくさんの壮絶な経験をされているのに、気付きをたくさん得て
    自立していらっしゃるのが凄いなと思います。

    これからもたくさんの事、教えてください。
    私も人生がボロボロ過ぎて大変です。どうしよう^^;

    長々とすみません。それではまたコメントさせて頂くかもしれません。
    ありがとうございます。

    • aiaruaru より:

      あやかさん\(^o^)/☆彡
      たくさんの優しさをありがとうございます♪
      たどり着いてくれて嬉しいです(⋈◍>◡<◍)。✧♡

      いっぱい我慢して頑張ってきましたね;;
      もう嫌な事は受け容れなくていいし
      憎しみだってなんだって感じ切って良いし

      許してねってほんとうに魂にずしっときますよね。

      私は
      自分にどんなに我慢させてきたのかと想ったら
      自分に許してほしくてたまらなくなりました。

      そして
      自分の魂を楽にしてあげたらやっと
      他の事も許せるようになっていって

      憎んでいる自分も本当は嫌で
      それも許されたいんですよね。

      だから、先ずは真っ直ぐ感じるしかないんです。

      この世に産まれ出て最初の観念を植え付けるのは相手ですから。

      自分に我慢させるに至るには
      先ずは悪を発する方が悪くて

      この世は自分が投影しているけど
      子供は親や大人に従うしかなかったんだから
      自分に原因なんて無いから^^

      ずっと応援していますから
      ここへ来て下さった方々は皆
      めっちゃ幸せになって、愛を広げていってください(⋈◍>◡<◍)。✧♡

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です