生きる意味 私が死んだ時の事。生き返って解ったいろんなこと^^☆

スポンサーリンク
広告

人は生まれると、この世に生まれて来た意味を忘れます。私もそうでした。だから現実に振り回されて、この世は辛い苦しい場所だと思い込み、辛い現実を引き寄せてとうとうこの世を去りました。でも、本当は生きるって素晴らしいんです^^☆多くの人にこの一生を存分に生きて欲しいのでその時のことを書きます。

生きる意味

私が苦しんで一度死んでその後ももっと苦しんで解った事は、

★自分の人生を生き切る。のが生きる意味。

ほんとそれだけです。

だから、

自分の望みを叶えて自分が幸せになるように生きれば良いんです。

・誰もが目的があって生まれたくて産まれてきている。

・本当の自分をそのまま生きる事が大切。

・誰にも指示されず支配されずに自分の意思で生きて自分を表現すること。

・体が無ければ出来ない感情と五感で感じたいことを素直に感じること。

・自分の価値を自分が認める事

・自分が自分を愛する事

・自分の心の中を幸せで満たす事

そして、何よりも大切なのは

★死にたいとか、消えたいと思わない事です。

現生でこれが出来ないと、魂になってもその次元に居て

出来なかったことに悔いがあるからまた産まれたくなります。

結局、意識は永遠なので生きていても死んでいても同じことの繰り返しをして

いつで満足することは無くなります。

霊界のことを表現するのに

階級が在るとか、六道輪廻とかって言いますが

ある意味、本当だなって思います。

私は、

自分を大切に出来なかったので、

病気や事故で何度も死にかけていますが助かっていました。

それでも、その幸運に目を向けられず、

辛い現実にフォーカスして、とうとう耐えられずにこの世を去った事があります。

私が死んだ時の事

毒親にも耐えて、

子供の不登校で周りに責められても耐えてきたかなり我慢強い私が

とうとうこの世に愛想が尽きた出来事は、

詐欺の裁判の1つは集団裁判で私が原告団の代表になりました。

というか、

原告が詐欺に遭って当然な感じの人が多くてなるしかない感じでした。

そうしたら、誰も協力しない返事もしない。

お金が取れそうな時だけ速攻返事が来る。

私は、弁護士との打ち合わせや戦略、判例をかき集め働く時間も無くなり、

被告よりも酷い原告達の態度を見ました。

被告の更なる嘘にも疲れ果てていた時に

お金を失い不安なので安い家に引っ越さなければならない状況で


身内に、アパートの保証人を断られました。

自分が困っていた時はさんざん頼って来たくせに

たったのアパートの保証人を;;

お金を失ったら身内も態度を変えるという現実を見ました。


お金貸してと言ってるわけでは無いし

暮らすくらいのお金は有るのに。。。

はい。

これが

我慢強い私の全てが崩れ去った瞬間でした。

ちっぽけですよね。

でも、助けてきた身内に助けてもらえない時にこんなに苦しいとは

私のその時の波動域とはいえ、

世知辛さを存分に味わった末に身内もかい。と思ったら

ほんっとにこの世に愛想が尽きちゃったんですよね。

これも、今生で経験すべき事なのか

そんな想いをしなくては、私は自分を大切にすることが出来なかったから

必然的に用意された出来事なのか

それは、判るようでわかりませんが

でも、私のその時の想いそのものが叶っていたんです。

私はいつも死にたいと思いながら生きていて

愛想が尽きるほど(死を後悔しないほど)のことがあればしねるのに

と、思っていました。

それが叶ったんですね。

だから、

しにたいと思いながら生きる事は

見事に、

しにたいと思う現実を引き寄せるので無駄な想いだと今はわかります。

◆死後は、それぞれが信じている世界へ行きます。

行きますというより、天以外はこの世でうろついているようなものです。

私は、

天から来た事を覚えていたので、想っている通り

眩しい光のなかへ吸収されていくように天へ上がっていきました。


でも、光の中の存在に

「私には感謝している人が沢山居るんだよ。そっちを見なさい!」って言われて

両肩を平手で押されて堕ちてきて生き返りました。


そして

更なる地獄へ堕ちました。

あ〜この世が地獄って本当か〜。とその時は想いました。

天界からも返されこの世では地獄が更なる地獄になりました。

死にたくても死ねない地獄です。

私を励ます人にすら
どうやって生きていくの?教えて!と思ってしまいました。


人間が怖いのにどうやって生きるの?
もう働く意欲も無いのにどうやって生きるの?
同情するなら金をくれって本当だ!

って思いました。


私が死ねば
子供達は私の生命保険で生きていけるのに

私が生き返ったからお金残せない。

こんな思考でループです。

この時が一番生き地獄でした;

だから、生き返らなくても地獄に居たのはよ~く理解できます。


今考えれば、これも毒親が

私に生命保険をたんまり掛けて
死ねばお金が残せると刷り込んだからです。


お金が無いと生きれないと思い込み
人間に尽くすほど裏切られる現実

全部、親子関係からできた思考のループでした。

保険金を子供に残せることが
せめてもの償いだと信じ込みました。


本当に
思考は刷り込まれると性格になり運命になりますね。

心の底では、おかしいと判っていたんだから

早く気付いて自分は自分で救わなくてはいけなかったんです。

自分の心に従わないとこんな痛い目に遭います;

広告

生き返って解ったいろんなこと

生き返らなかったら

自分を大切にする事ができない(=自殺)事が大罪で

生きにくさを創っていたのは

自分の気持ちよりも周りを優先したからで

自分の気持ちを押し殺して生きるなら

自分の人生も押し殺されるのが当たり前だと気づく事はできませんでした。

生きている間に気づけないと

生まれ変わっても同じだと思います。

そういう意味でも生きている間は重要なんです。

私のクソ人生は全部

死を目指して生きていた時の事でした。

生きる事に意識が向いただけで生きるための良い事が起こるんですから。

死にたいと思って生きる事は自虐です。

だから、自分が心地悪い死にたくなる現実に遭遇します。

自分にしねしね!言ってるのと同じなんですから。

なので、

そのループから抜け出るには

そんなに死にたいと思わせる出来事や相手から

全力で自分を守って、自分を心地よくしなくてはダメなんです。

人生は自分で選べるんですから

自分死にたいではなく、そういう現実や相手に消えろ!消えた!

って思わないとダメなんです。

その出来事の無い状態に意識を向けて

叶った状態を信じることが出来れば、もうその経験の波動域とはお別れできます。

私は毒親に


私のカルマは深く

今生で耐えて耐えて人に尽くして

やっと来世幸せが来るという教えに洗脳されていたので

我欲を無くし、自分を犠牲にしてまで他者優先にしてきた。

死ぬまでにどれだけ人の役に立ち人を心地良くさせるかが目標で

それは

自分の幸せを目指しての事だけれど

今生ではなく来世に対してでした。

だから今生での幸せは無い。と決めていたことになり


そんな人間が幸せになるわけがなく

この世で言われる

カルマやネガティヴ思考はいけないなども全部うそだったと気がついたら

不幸はあっさりと終わりました。

この世にもあの世にも天国と地獄があります。

それを創るのは自分の意識です。

自分が何を信じて、どうなりたいか。だけです。


天国にするのも地獄にするのも全部自分が信じたようになります。

だから

人生は自分が切り開けて自分の描いたようになる。

詳しくは潜在意識・引き寄せカテゴリーも読んでください。)


他人に刷り込まれた人生は今すぐ捨てて

自分の人生を生きないと

死んでも不幸って、悔しくないですか?

悔いがあるから今度こそはこうしよう!って

やっと産まれ出てきた”今”なのに。

自分を大切に出来た時にやっと自分の人生は始まるんです。


この世が地獄だとあの世へ行っても地獄なのは嫌だから

この世からめいいっぱい幸せに成りましょうね(⋈◍>◡<◍)。✧♡❤

幸せな一人が大きな幸せを創るんですから、まずは兎に角自分が幸せになることですよ^^

それが生きる意味です^^b

広告
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

コメント

  1. しまママ より:

    猫の食事について調べていてこちらにたどりつきました。
    何と言っていいかわからないほど心を動かされました。わたしが言うことではないかもしれませんが。。。
    生きていてくれてありがとう!

    • aiaruaru より:

      しまママさ~ん\(^o^)/☆彡

      ありがとうございます(⋈◍>◡<◍)。✧♡
      本当に生きていて良かったです^▽^

      猫様も、生きる素晴らしさ、私の癒されていない部分を教えてくれて旅立ち
      我慢しないで、思い通りに生きる事まで強化してくれました^^

      しまママさまも愛をありがとうございます^^☆彡

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です