ハロウィンの由来 日本で流行るのはなぜ?前世や今の自分の為にも仮装はおすすめ^^☆

ハロウィンを楽しめる人と、会社や子供の付き合いパーティーで憂鬱になる人が居ます。実際に町もゴミだらけ、デパートのトイレはメイクで汚されて、母親は衣装に困り、それでも続いているのはなぜか、どうしてハロウィンは日本にやってきて根付いたのかを調べてみましたが、仮装願望のある人はやったほうが良いです^^☆

ハロウィンの由来と日本で流行る理由

由来は、

中央アジアからヨーロッパへ馬車で移動してきたケルト人が、

10月31日の秋の収穫祭に、

悪霊が来て作物を荒らさないように

悪魔を追い払う為にもっと怖い格好をしようと仮装して火を炊きました。

その頃のランタンはカブだったそです。

その悪魔祓い行事が

アメリカに渡って受け容れられて

かぼちゃでランタンを作り

子供が仮装して「お菓子をくれないといたずらするぞ~」となって

日本では

1983年に原宿のキディランドが日本初ハロウィンパレードを開催し

その後各地で経済効果を見込んでイベントが始まったようです。

1997年に東京ディズニーランドで小規模の仮装イベントが始まり
2002年にパレードになり、現在では入場者も仮装していますね。

結局、ハロウィンは

日本には何も関係なく、経済効果を見込んだイベントなのですが、

アンケートでも

何らかの形でハロウィンを楽しむ人は60%も居て

仮装は
実際にしないけどしてみたい人が、仮装する予定の人の3倍居ます。
http://smartanswer.colopl-research.jp/reports/acc86953-c552-4a79-a7df-847f79904fd6

働く女性では63%も
http://chosa.itmedia.co.jp/categories/investment/81041

アンケートは年齢層によって多少の違いはありますが、

会社や、学校、幼稚園、家庭にも普及浸透しているのは

パーティーやイベントが好きな人が日本人の半数以上居て

その中の半数は仮装願望があるということで

好きな事や願望が叶えられるイベントなので流行っているようです。

でも

40%の人は興味が無い上に

お菓子を用意したり、したくもない仮装を被らないように気を使ったり、気合が入ってる人に合わせていたり。

渋滞になるし町を汚すしで良いイメージが無い人もいて

その人たちから見れば

人に迷惑を掛けてまでやっていることに見えてしまいます。

私みたいに

今まで何者かになろうとして、周りに気を使っていて生き難かった人が

潜在意識を知って

自分じゃない者からやっと自分自身になろうとしている人にとっては

仮装して自分以外になって楽しもうなんて思えないですよね^^;きっと。。。

仮装は変身願望を叶え前世療法にもなるのでおすすめ

でも今は、

ハロウィンは嫌いだけど仮装はしたいので参加しているという人もいて

仮装を楽しんで前世に触れて心地よく満たされたり

注目を浴びたいという願望を叶えたり

孤独を嫌いな人が、イベントに参加することで大勢と一体感を得るなどしていて

ハロウィンに紛れて仮装することは、想いを叶える良い手段でもあります。

実際に、前世の自分と今を共有している人も居て

そういう人は

前世、身に纏っていたものが好みで

今生でも中世ヨーロッパのような服を着たり

和服や袴が好きだったり、口調も名残があったりします。

隠れて女装しているお父さんとかも居るし

前世療法セラピストでも

前世の格好や道具に囲まれて満たされている人も居ます。

前世の自分は、

今生でこうなりたい、幸せになりたい。という想いで居るので

自分の願望はどんどん叶えた方が魂の為にも今後の自分にも良いので

その時々、やりたいと思ったことをやっていくのが良いですね。

仮装を我慢している人も多いようですが、

自分を解放して今を生きやすくする為にも仮装はおすすめです^^☆

広告
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です